since 2016

会長挨拶

会長挨拶

日本臨床宗教師会会長

鎌田東二

(上智大学大学院実践宗教学研究科特任教授)

日本臨床宗教師会が発足して5年が経ち、島薗進会長が辞意を示されました。それにより、副会長4名の中から私が2代目の会長に推薦されましたが、適任ではないと自分では思っております。島薗初代会長の大らかにして温和で目配りと抑制の効いた采配により、日本臨床宗教師会は最初期の5年間をほぼ順調に活動を展開できたと思います。島薗先生、これまでのご尽力、まことにありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願い申し上げます。2代目は3代目の本格会長に引き継いでいくための、3代将軍徳川家光の前の秀忠のような繋ぎ役だと心得ていますが、時期が時期だけにみなさまのご協力を得て、このコロナ禍に苦しむ難局をくぐり抜け、次代に繋いでいきたいと思います。

私は、神社本庁の発行する神職資格(正階)を持ってはいますが、自身は「神仏習合諸宗協働フリーランス神主」とか「神道ソングライター」とか「石笛・横笛・法螺貝奏者」を自称して自由に活動をしてきました。ので、本会会長を務めるような正統派の「宗教家」ではありません。しかし、若い頃から自由に求道し表現しつつ独自な「宗教活動」を展開してきたとは思っております。自費出版も含めれば、詩集も3冊出しています(近作は『常世の時軸』『夢通分娩』『狂天慟地』)。

私が考える「臨床宗教師」のモデルの一人は、遠藤周作の『深い河』の大津青年で、やむにやまれぬ思いと熱情と志に衝き動かされながら、神の愛・キリストの愛を受肉し、苦悩の渦巻く現場に悩みながら応答していく存在です。

そして、もう一人のモデルは、「臨床宗教師」という定義や枠には収まりませんが、『苦海浄土』や新作能『沖の宮』を著わし、生者と死者の声ならぬ声をこの世にしかと語り伝えた作家の石牟礼道子さんです。大津と石牟礼さんはわたしにとって汲めども尽きぬ「臨床宗教」のメッセージを発信してくれます。この声に耳を傾けながら、日本臨床宗教師会の会員のみなさまの声を受け止めて参りたく思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

                   2021年6月

(『日本臨床宗教師会ニュースレター』第9号より)